オフィスレイアウトのコツ|快適なオフィスを作るために上手くパーテーションを活用する方法

オフィスレイアウトを行うならしっかりと業務形態に合わせよう

オフィスレイアウトのコツ

ウーマン

オフィスの空間を作る

オフィスレイアウトは、オフィスの空間づくりでとても重要なものになります。業務形態に合わせたり、環境を整えることで社員の作業効率を上げることが可能です。オフィスの広さがそれほど大きくない場合は、1人1人の作業スペースをしっかりと設けなくてはならなかったり、広く見せるために高さの低い備品を選んだりするなどさまざまな注目ポイントがあります。

パーテーションを利用する

オフィスが小規模の場合は、パーテーションを利用して空間を区切ることで業務スペースやミーティングスペースを区切ることができます。その際は天井につながっていない上が開いているタイプのパーテーションを使用することで圧迫感を無くすこともできます。

業務の形態で比較

コミュニケーション型

業務の形態には、コミュニケーション型という形態があります。この形態は開発業であったりミーティングを多く行う場合の業務のことを言います。1つの広めのデスクを島とし、向かい合って座れるような形のレイアウトがおすすめです。

コンセントレーション型

コンセントレーション型とは、製作などの1人で作業に集中する際の業務形態のことを言います。1人1人の作業スペースを仕切りを使用して区切ったり、デスクを卍型の配置にすることなどがおすすめです。

オフィスレイアウトの流れ

現場の調査

オフィスレイアウトを業者に依頼する際は、まず現在のオフィスレイアウトを見てもらいます。それから現在の利用状況を確認したり、どのようなデザインにしたいのか確認していきます。

設計を決める

レイアウトのイメージが決まったら、そのイメージに合わせて備品やオフィスのカラーを決めていきます。どのような配置にするか業者と意見を交換し、細かい設計を決めていきます。

施工を開始する

細かい設計が決定したら、その設計に基づき施工を開始します。施工をしながらも、仕上がりのイメージを業者の方と一緒に一つずつ確認したり、期限までに間に合うのかなど、全て任せずに逐一確認するようにしましょう。

広告募集中