オフィスの空間を仕切ることのできるパーテーションとは

オフィス備品を選ぶ

オフィスレイアウトを変更したり、オフィス改装を行う場合は、きちんとオフィス備品を選ぶことが大切です。オフィス備品の中には、デスクはもちろん、キャビネットやイスなど、さまざまなものがあります。その他にもパーテーションというものがありますが、こちらではそのパーテーションについて詳しく解説していきます。

新着情報

パーテーションを利用する

男の人と女の人

パーテーションについて

パーテーションは、視界を遮ったり、空間を仕切ったり、外からの光や風などを遮ったりなどさまざまな用途で使用することができるため、家庭やオフィスでも多く使用されています。カラーやデザインも豊富で、このパーテーションによっても部屋の雰囲気を変えることができます。

不燃パーテーションとは

パーテーションをビルなどで使用する場合は、火災予防のために不燃パーテーションを使用しなくてはいけません。不燃パーテーションにはスチールタイプのものが多いですが、アルミパーテーションでも内部にペーパーハニカムという資材を使用していなければ使うことができる可能性もあるのでどのような資材が使われているのか購入前にきちんと確認しましょう。

パーテーションの背丈が高い場合

天井に届かないタイプの背丈の低いパーテーションなら気にしなくてもほとんど問題はありませんが、背丈の高いパーテーションや空間を完全に仕切るタイプのパーテーションの場合は部屋の明るさも確保しなければなりません。また、スプリンクラーや煙感知器の近くにパーテーションを立てた場合も機能がきちんと発揮できなくなってしまう可能性があるので、しっかりと事前に確認してからパーテーションを取り付けましょう。

パーテーションを立てる際に注意するポイント

パーテーションは、空間を仕切ることができますが、天井まで柱を取り付けてパーテーションを固定する場合は、その仕切った空間が個室として扱われるため、消防署への届け出を行わなくてはいけません。また、排煙窓を確保したり、煙感知器などの火災予防も行わなくてはいけないので、パーテーションの取り付けを行う際は事前に注意すべき点を業者に確認しておきましょう。

最後に

オフィスレイアウトを変えるためにパーテーションを使用する際は、きちんと法律も確認しながら設置する必要があります。また、ミーティングルームとして使用する場合は移動できるパーテーションを使用することで人数やミーティングで使用したい部屋数によって分けることもできますし、セキュリティ面を考慮してエントランスと業務スペースを区切ることもできます。
小規模のオフィスでも、パーテーションを上手く活用し、オフィスレイアウトの変更を行うことができます。

広告募集中